2017年 Nihonga・京展 のお知らせ

第JUGEMテーマ:展覧会

 

暑中お見舞い申し上げます。

皆様おかわりございませんか。

 

さて夏恒例となりました、日本橋三越でのNIHONGA・京 展が

今年も開催の運びとなりました。

この1年は、松屋銀座 、文化村での個展をお休みさせていただきましたので、東京では、1年ぶりの展覧会となります。

 

今回は尾瀬の至仏山を描きました50号の春の高原の絵と、ハムレットの絵本の仕事から着想を得た10号のバラの絵を出品しています。

 

詳細下記の通りです。暑いさなかではありますが、ご高覧頂けましたら幸いです。

在廊出来る日が2日だけなのですが、お会い出来れば嬉しいです。お待ちしています。

 

                      2017年7月吉日 篠原貴之

 

第9回 NIHONGA・京 展

 

2017年7月19日(水)〜25日(火)

日本橋三越本展 本館6階 美術特選画廊

 

本展は日本橋三越企画の、京都を中心に制作する日本画の若手、中堅作家16名のグループ展です。

各作家10号と50号の2点作品を出品しています

どの作家もモチーフとなる対象を見つめスケッチすることから始まる作品で、オーソドックスな絵画ともいえますが、逆に昨今では珍しい展覧会ともいえます。

9日(土)には午後2時から作家自身による作品解説;ギャラリートークが催されます。

私も参加します。

 

 

篠原 在廊日

 

7月22日(土)14:00〜18:30(14:00から約30分は ギャラリートーク)

  23日(日)11:00〜18:00 

注)昼食や接客で不在の時もありますので、ご連絡頂けると有り難いです。

 

17Nihonga・京

17Nihonga・京

 

尾瀬春景

尾瀬春景(至仏山)50F 篠原貴之作

 

 

五月の薔薇

五月の薔薇 10F 篠原貴之作

 

 

 

at 08:34, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

間もなく新規画塾生クラス開講

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

間もなく新規画塾生クラスが開講します。

クラスは2クラス。

 

開講日は

 

奈良教室 6月20日(水)13:30〜17:00(7月からは 毎月第2火曜 13:30〜17:00)

     空席 残り1席  入塾詳細 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=362 

 

京都教室 6月15日(木)10:30〜16:30 (毎月 第2木曜 10:30〜16:30)

     空席 残り3席 入塾詳細 http://suibokuga.jugem.jp/?cid=27

 

別のクラスにも空きが出れば、随時入塾頂けますが、今回開講するクラスは新規の方だけのクラスですので、新規の方だけに1から指導することが出来る貴重な機会となります。1年(12回)だけでも通っていただければ、その後、動画等を参考にご自分で学びながら創作したり、個人指導や、他のクラスに変わられてもスムーズに学ぶことが出来るかと思います。

入塾をお考え頂いているかたは、是非この機会にいらして下さい。

 

 

 

at 10:08, 篠原 貴之, 画塾 奈良教室

comments(0), trackbacks(0), pookmark

You Tube 篠原貴之 動画 水墨画塾 一覧

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

「動画 水墨画塾」は篠原貴之水墨画塾で教えている内容を動画にしたものです。

 

画塾の内容は篠原貴之が絵を描く際の技法や考え方を、直接筆を執り描きながら指導する画塾です。

水墨と言う素材や技法の特徴には触れますが、伝統的な水墨画の いろはや、概論を教える水墨画教室ではありません。

一作家の考えを、ただただ述べたものです。

 

百聞は一見にしかず。私自身も日本や中国で、多くの画家に、絵を描く様子を見せていただきながら学んできました。

他の人のやり方、考え方を知るのは面白いものです。時にはその画家本人が大して意識していないことが参考になることもよくあります。

 

水墨画に興味を持っても、なかなか描いているところを見る機会も少なく、こんな世界があるということだけでも、水墨という技法を身近に感じてもらえるかと、この動画の画塾を始めました。

 

 京都の画塾で、授業が始まる前の僅かな時間を利用して、その都度、台本もなく思いついたテーマを、ぶっつけ本番でカメラを回して撮影しているため、全く完成度は在りませんが、嘘はないので、言い間違えや、うまく筆や言葉で表せなかったところ等は、皆さんの想像力で補い、ご理解の努力をお願いします。コメントに投稿頂いた質問もにも出来る限りお答えしたいと思っています。

 

You Tube 動画 水墨画塾 は こちらのアドレスから入っていただくと、今まで作成したものが一覧出来ます。

https://www.youtube.com/channel/UCSvvrr4xjemsZu27Czs907A(動画一覧表)

水墨に興味のある方の、参考になれば幸いです。

 

なお、この動画の撮影、編集は(株)ウインドミル 岩橋氏の全面協力で運営しています。

at 22:00, 篠原 貴之, 動画 水墨画塾

comments(0), trackbacks(0), pookmark

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.24

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.24 アップしました。

今回は 水墨画デモンストレーション「片口鰯」です。

 

動画 水墨画塾Vol.24

 

https://youtu.be/Hk73mVn-eSU

 

水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第24回目は水墨画デモンストレーション 「片口鰯」をお送りします。
かたくちいわしの干物は、よく見ると一匹ずつ形が異なり、それぞれに表情があります。

いわしの背中から腹に掛けての白黒の移り変わりや、渇いた皺のようなものを、筆で描いた時に出来る墨の濃淡、乾湿の変化で表現するところが今回のポイントです。小さなモチーフは、気軽に描けるので、はじめての方も挑戦してみて下さい。

 

 

at 11:44, 篠原 貴之, 動画 水墨画塾

comments(0), trackbacks(0), pookmark

篠原貴之水墨画塾 奈良教室 開設

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

奈良の書道用品店 一心堂さんのご好意で、平成29年6月より奈良にて小さな画塾を開催します。内容は篠原貴之が絵を描く際の技法や考え方を、直接筆を執り描きながら指導する画塾です。(幅広く一般的な水墨画のいろはや、概論を教える水墨画教室ではありません。)

少なくとも一年間熱意を持って学んでいただける方であれば年齢、経験は問いません。絵を通して自分の気持ちを素直に表せたときの喜びは、何ものにも代えがたいものです。時として、それは日々平穏に暮らすための心の支えとなります。

少人数で、一人一人の方と話をしながら、絵を描く喜びを分ち合えるような教室にしてゆきたいと思いますので、以下詳細ご覧頂き、よろしければご応募下さい。お待ちしています。 篠原貴之

 

 

 

火曜午後クラス

第2火曜

13:30〜17:00

 

(必ず篠原貴之本人が教えるため、展覧会の日程等により、稽古日の変更をお願いすることが有ります。曜日は変わりません。)

各クラス定員10名までの少人数制です。

 

    630-8228 奈良市上三条町3-9

     一心堂(書道用品店)(近鉄奈良駅から徒歩約5分、JR奈良駅より徒歩10分。)

 

一心堂画像

 

入会金  10,000

 

月 謝   6,000

 

応募方法 興味のある方は、郵便番号、住所,氏名、電話番号を記入し、返信用92円切手を同封の上、下記の住所まで募集要項をご請求下さい。募集要項をご覧頂きよろしければ、同封の入塾申請書をご記入の上ご応募下さい。


〒616-8486 京都市右京区嵯峨越畑南ノ町32の4  篠原貴之

 

*必要な用具等詳細につきましては、あらためて入塾いただく方にお知らせいたします。

at 14:36, 篠原 貴之, 画塾 奈良教室

comments(0), trackbacks(0), pookmark

篠原貴之水墨画塾 京都教室 木曜1日クラスを新設 。

 

 JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

平成29年6月より京都教室にて木曜1日クラスを新設します。

 

内容は篠原貴之が絵を描く際の技法や考え方を、直接筆を執り描きながら指導する画塾です。(幅広く一般的な水墨画のいろはや、概論を教える水墨画教室ではありません。)

少なくとも一年間熱意を持って学んでいただける方であれば年齢、経験は問いません。絵を通して自分の気持ちを素直に表せたときの喜びは、何ものにも代えがたいものです。時として、それは日々平穏に暮らすための心の支えとなります。

少人数で、一人一人の方と話をしながら、絵を描く喜びを分ち合えるような教室にしてゆきたいと思いますので、以下詳細ご覧頂き、よろしければご応募下さい。お待ちしています。       篠原貴之

 

木曜1日クラス

第2木曜日

10:30〜16:30

 

(必ず篠原貴之本人が教えるため、展覧会の日程等により、稽古日の変更をお願いすることが有ります。曜日は変わりません。)

各クラス定員10名までの少人数制です。

 

会 場  京都市右京区西京極東大丸町60
                     アトリエ川端(阪急京都線、西京極駅より徒歩5分。)

 

入会金  10,000

 

月 謝  10,000

 

応募方法 興味のある方は、郵便番号、住所,氏名、電話番号を記入し、返信用92円切手を同封の上、下記の住所まで募集要項をご請求下さい。募集要項をご覧頂きよろしければ、同封の入塾申請書をご記入の上ご応募下さい。


                        〒616-8486 京都市右京区嵯峨越畑南ノ町32の4  篠原貴之

 

*必要な用具等詳細につきましては、あらためて入塾いただく方にお知らせいたします。

 

 

at 01:09, 篠原 貴之, 画塾 京都教室

comments(0), trackbacks(0), pookmark

京都市美術館が京都市京セラ美術館になる?

  

先日、知人から京都市美術館が京都市京セラ美術館になるとの話を聞きました。

京都市が京都市美術館の命名権を売却しようとしています。

 

芸術にはパトロンが必要で、企業からサポートを受けることは歓迎すべきことと思いますが、公立の美術館が自ら名前を売りその公共性を失うことは許されないと思います。京都市美術館という名の下に作品を寄贈や委託をし、寄付をして来た人達の遺志はどうなるのでしょうか。美術館は単なる娯楽施設では有りません。日本文化のふるさとともいえる京都で、京都市美術館として築いてきた歴史をそんなに軽く扱っていいのでしょうか。私は京都市美術館の命名権売却を取り下げてもらいたいと思います。

 

この会が””どうか私たちの美術館の名前を変えないで下さい!というキャンペーンを行っています。web署名を集めて多くの人の意志を、見える形にしようということなので、京都市以外の方、外国の方の賛同も歓迎です。京都市美術館は京都市民だけのものでは有りません。賛同頂ける方、以下のサイトより賛同の署名をお願いします。

 

「京都市美術館問題を考える会」WEB署名 

https://goo.gl/L5G5y8

 

以下「京都市美術館問題を考える会」が記した京都市美術館問題の経過を転記します。

 

 

「京都市京セラ美術館」
この名前を聞いて、どのような美術館であると思いますか?
誰でも京都市に京セラが設立した美術館だと考えるでしょう。まさかそれが日本でも屈指の歴史を誇る公立美術館であると、名前から想像する人はいないはずです。


▶日本で初めて、そして世界でも初めて、公共の美術館の命名権が売却されます。
2016年8月、京都市は京都市美術館の新館建設のため、美術館の命名権を売却すると発表し、募集を行ったところ、京セラ株式会社が50年間/50億円で落札し、その後、通称名(愛称)を「京都市京セラ美術館」と発表しました。しかし、すぐさま京都市議会は異論を申し立て、全会派一致で「議会と十分な議論を行う」ことを可決しました。もちろん公共の文化活動に出資を惜しまない京セラ株式会社の意志は貴いものであることは間違いありません。しかし、現在の京都市には(おそらく多くの地方自治体でも)命名権売却の対象施設に明確な規定はありません。つまり、美術館も公衆トイレも同じなのです。
(2017年1月23日付 命名権要綱改正案:命名権売却の対象外施設に公立美術館は明記されず)

 

▶どうして美術館の命名権を売らなければいけないのか。
京都市から示された美術館再整備事業には「本館改修」の他に「新館建設」が組み込まれています。本館改修に予算の50億円、現代アート展示室を含む新館に想定見積りの50億円。しかし、建物の改修と新館建設以外に美術館の将来について、運営面での計画はなく、学芸員体制や使用規定など何も示されていません。「建物ありき」の見切り発車ともいえる、この「新館」のための架空の50億円を、京都市は美術館の名称を売却することによって捻出しようとしています。

 

▶そもそも京都市美術館とは?
1933年、京都の町衆や美術家、財界の浄財で「大礼記念京都美術館」として設立された日本で2番目に古い美術館です。戦後の米軍占領期を経て「京都市美術館」と改称さましたが、「市立」とならなかったのは市民や芸術家、財界の寄金で設立されたからです。また、地元の作家や遺族による寄贈品は全コレクションの8割を占め、言うまでもなく京都・日本の文化を伝承し、新たな表現を育んできました。
本館は天井高のある大陳列室や天窓からの柔らかな光を有する展示室、石造りのらせん階段、重厚な内装…近代・現代を問わず時代時代の表現を大きな懐で受け止めてきたすばらしい建築です。しかし、建築から83年を経過し老朽化は避けられません。そのため予算内(50億円)で実行可能な本館の改修は急務なのです。

 

▶なぜ公立美術館の命名権売却がふさわしくないのか。
美術館は博物館法に規定された博物館の一種であり、その業務は美術作品の収集・保存・展示による社会教育、並びにそれら業務の調査研究です。社会教育・研究機関として、当然のことながら公共・公平性が保たれなくてはいけません。そして、コレクションという「財産」を有しています。これらは市民が中心となって形成してきた公共の財産であり、特定企業の営利目的のために用いられるべきものではありません。
海外では費用を賄うための手段として、個々の展示室や建物の一部、階段や回廊など部分的に出資者や貢献者の名称を冠するケースはありますが、美術館の総称を売りに出したのは京都市が世界で初めてです。

 

▶もし公立美術館の命名権売却が通用するとなると?
特定の企業名(「愛称」であっても)が含まれることで、美術館が有するコレクションという「市民の財産」が私企業の占有物として恣意的に利用することを自治体が認めることになります。地方自治体の財産管理・運用責任に対して大きな疑義を抱かざるを得ません。また、美術館が行う専門的な調査研究活動も、私企業の営利活動と誤解される可能性は否定できないでしょう。
また、一企業の名前を冠することによって、他の企業からの寄付や協賛を得ることは難しくなり、また市民は寄贈を躊躇することになるでしょう。これは長い視野で見ると、京都の大きな損失になることは間違いありません。
今回の命名権売却は名前だけではなく、特典として宣伝ブースの設置や施設の使用優先権などが京セラに付与されます。このように特定の企業と美術館が深く関わることで、公立美術館としての公共・公平性は疑わしいものとなり、今後50年という長期に渡って京都市は市という公共が運営していた公立美術館を失うことが危惧されます。 
今、京都で起こっていることを人ごとと思わないで下さい。日本の公立美術館が岐路に立たされているのです。公立美術館の命名権売却がいかに美術館の運営、ひいてはわが国の文化活動を歪め、阻害するものであるかを、一刻も早く国ならびに地方自治体に示さなければいけません。
今回の「京都市京セラ美術館」の通称名は、美術館のリニューアルオープン日から使用が開始される旨、募集概要に明記されています。
それまで、このキャンペーン活動を続行します!


どうか私たちの美術館の名前を変えないで下さい!

 

以上「京都市美術館問題を考える会」より

 

 

「京都市美術館問題を考える会」WEB署名 

https://goo.gl/L5G5y8

 

at 10:58, 篠原 貴之, 日々雑感

comments(0), trackbacks(0), pookmark

展覧会スケジュール

JUGEMテーマ:展覧会


篠原貴之 展覧会スケジュール

ヴェネチア展看板

現在開催、出品が決まっています展覧会のスケジュールは以下の通りです。
詳細が決まりました展覧会には、リンク先を記載致しますので、そちらをご覧下さい。

 

 

 

2017/7/19〜25    


日本橋三越 特選画廊 第9回 NIHONGA・京展 

 

日本橋三越企画の 京都を制作の拠点とする日本画家16人のグループ「NIHONGA・京」の第9回展

各作家2点出品 (50号 と 10号)


7/22(土)午後2時〜ギャラリートーク

 

 

2017/11/15〜21      


松屋銀座 gallery 

篠原貴之水墨絵画展 

 

新作 約50点出品

 


 

 

以下終了済み展覧会

 

 

2017/3/22〜28      


阪急うめだ本店 美術画廊  http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/map/index.html/

 

篠原貴之水墨絵画展 ー墨色の光ー  http://suibokuga.jugem.jp/?eid=360

 

新作 約50点出品

 

2016/11/20      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 大阪 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=355

 

大東市サーティーホールhttp://www.daito-30.jp/hall/halltop.html

描きおろし原画 22点出品

 

2016/10/30      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 名古屋 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=355

 

ラボ教育センター中部総局

描きおろし原画 22点出品

 

2016/9/23〜24      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 東京 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=351

 

西新宿 ラボ教育センター本社13階会議室

描きおろし原画 22点出品

 

 

 

 

2016/8/4〜13(9日休館)   

六本木 新国立美術館にて水墨現代作家展 大作1点出品

 


20162016/7/27〜8/2      


日本橋三越 特選画廊 NIHONGA・京展 

50号 10号  団扇絵 それぞれ1点出品 
7/30(土)午後2時〜ギャラリートーク

 

 

2016/6/9〜7/10      

頼山陽史跡資料館(広島市)特別展 「水墨画の現在」展 

掛軸1点出品

 

2016/3/23〜29      


阪急うめだ本店 美術画廊 

篠原貴之水墨絵画展 墨色の光ーイタリア・アイルランドよりー

 

新作 約50点出品

 

 

2016/1/9〜17      

渋谷Bunkamura box ballery ,wall gallery 

篠原貴之水墨絵画展 墨色の光ーイタリア・アイルランドよりー

 

新作 約50点出品

 

2015/10/14〜20      


松屋銀座 gallery 

篠原貴之水墨絵画展 ー水墨の新境地ー

 

新作 約50点出品

 



 

at 13:49, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年3月22日より阪急うめだ本店にて篠原貴之水墨絵画展開催

JUGEMテーマ:展覧会

 

2017年3月22日(水)より28日(火)まで、大阪 阪急うめだ本店美術画廊にて、篠原貴之水墨絵画展を開催致します。

 

毎年恒例の春の展覧会として開催させていただき、今年第20回展となります。

多くの方にご支持頂いたことで、今日まで続けて来られましたこと改めて御礼申し上げます。

 

 

さて、今回はイタリアや日本の風景に加え、新しい花鳥画のシリーズも登場します。

書や抽象画のテイストも加わり、創作色を増した新しい篠原貴之の墨の世界をお楽しみ下さい。

 

また昨年刊行された英語絵本『Hamlet』の原画も一部お目見えします。お見逃しのないように!

 

詳細は以下ご参照下さい。

 

 

篠原貴之水墨絵画展 ー墨色の光ー

 

2017年3月22日(水)〜28日(火)最終日 午後6時終了

 

阪急うめだ本店 7階 美術画廊

 

 

17阪急チラシ表

17阪急チラシ裏

at 12:15, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英語絵本『ハムレット』原画展 大阪で開催

 今回ご案内させていただく展示会は、昨年刊行されたシェークスピアの英語絵本“HAMLET”の原画展です。

東京、名古屋と巡回し今回は大阪展のご案内です。

大阪は大東市のサーティーホールで開かれるラボ教育センターの50周年イベントの一環として開催される展覧会です。

 

水墨とHAMLETという面白い組み合わせで生まれた私の新作22点を是非ご覧頂きたくご案内させていただきました。

 

11月20日(日)一日だけのイベントで、既にご都合おありのことと思いますが、もしお時間ございましたら、足をお運び頂きたいと思います。

 

詳細は以下の原画展案内と出品作の一部紹介をご覧下さい。

 

なお当日は16時から17時まで、篠原貴之とこの絵本の監修をされたシェークスピア研究者 河合祥一郎先生(東大教授)とのギャラリートークが行われます。河合先生は蜷川作品の監修や自ら劇団も率いられるユニークな研究者の方なので、楽しいお話が聞けることと私も楽しみにしています。

取り急ぎご案内まで。

         2016年11月吉日   篠原貴之

 

*会場最寄り駅JR住道はJR学研都市線 京橋より9分、

祝園より45分(近鉄京都線新祝園に乗り換え可)

 

JUGEMテーマ:展覧会

ハムレット原画展大阪

 

 

ハムレット原画展大阪

 

 

ハムレット原画展大阪

 

 

 

 

 

 

at 12:18, 篠原 貴之, 展覧会

comments(0), trackbacks(0), pookmark