京都市美術館が京都市京セラ美術館になる?

  

先日、知人から京都市美術館が京都市京セラ美術館になるとの話を聞きました。

京都市が京都市美術館の命名権を売却しようとしています。

 

芸術にはパトロンが必要で、企業からサポートを受けることは歓迎すべきことと思いますが、公立の美術館が自ら名前を売りその公共性を失うことは許されないと思います。京都市美術館という名の下に作品を寄贈や委託をし、寄付をして来た人達の遺志はどうなるのでしょうか。美術館は単なる娯楽施設では有りません。日本文化のふるさとともいえる京都で、京都市美術館として築いてきた歴史をそんなに軽く扱っていいのでしょうか。私は京都市美術館の命名権売却を取り下げてもらいたいと思います。以下、「京都市美術館問題を考える会」が記した京都市美術館問題の経過を転記しました。

 

この会が””どうか私たちの美術館の名前を変えないで下さい!というキャンペーンを行っています。web署名を集めて多くの人の意志を、見える形にしようということなので、京都市以外の方、外国の方の賛同も歓迎です。京都市美術館は京都市民だけのものでは有りません。賛同頂ける方、以下のサイトより賛同の署名をお願いします。

 

「京都市美術館問題を考える会」WEB署名 

https://goo.gl/L5G5y8

 

 

「京都市京セラ美術館」
この名前を聞いて、どのような美術館であると思いますか?
誰でも京都市に京セラが設立した美術館だと考えるでしょう。まさかそれが日本でも屈指の歴史を誇る公立美術館であると、名前から想像する人はいないはずです。


▶日本で初めて、そして世界でも初めて、公共の美術館の命名権が売却されます。
2016年8月、京都市は京都市美術館の新館建設のため、美術館の命名権を売却すると発表し、募集を行ったところ、京セラ株式会社が50年間/50億円で落札し、その後、通称名(愛称)を「京都市京セラ美術館」と発表しました。しかし、すぐさま京都市議会は異論を申し立て、全会派一致で「議会と十分な議論を行う」ことを可決しました。もちろん公共の文化活動に出資を惜しまない京セラ株式会社の意志は貴いものであることは間違いありません。しかし、現在の京都市には(おそらく多くの地方自治体でも)命名権売却の対象施設に明確な規定はありません。つまり、美術館も公衆トイレも同じなのです。
(2017年1月23日付 命名権要綱改正案:命名権売却の対象外施設に公立美術館は明記されず)

 

▶どうして美術館の命名権を売らなければいけないのか。
京都市から示された美術館再整備事業には「本館改修」の他に「新館建設」が組み込まれています。本館改修に予算の50億円、現代アート展示室を含む新館に想定見積りの50億円。しかし、建物の改修と新館建設以外に美術館の将来について、運営面での計画はなく、学芸員体制や使用規定など何も示されていません。「建物ありき」の見切り発車ともいえる、この「新館」のための架空の50億円を、京都市は美術館の名称を売却することによって捻出しようとしています。

 

▶そもそも京都市美術館とは?
1933年、京都の町衆や美術家、財界の浄財で「大礼記念京都美術館」として設立された日本で2番目に古い美術館です。戦後の米軍占領期を経て「京都市美術館」と改称さましたが、「市立」とならなかったのは市民や芸術家、財界の寄金で設立されたからです。また、地元の作家や遺族による寄贈品は全コレクションの8割を占め、言うまでもなく京都・日本の文化を伝承し、新たな表現を育んできました。
本館は天井高のある大陳列室や天窓からの柔らかな光を有する展示室、石造りのらせん階段、重厚な内装…近代・現代を問わず時代時代の表現を大きな懐で受け止めてきたすばらしい建築です。しかし、建築から83年を経過し老朽化は避けられません。そのため予算内(50億円)で実行可能な本館の改修は急務なのです。

 

▶なぜ公立美術館の命名権売却がふさわしくないのか。
美術館は博物館法に規定された博物館の一種であり、その業務は美術作品の収集・保存・展示による社会教育、並びにそれら業務の調査研究です。社会教育・研究機関として、当然のことながら公共・公平性が保たれなくてはいけません。そして、コレクションという「財産」を有しています。これらは市民が中心となって形成してきた公共の財産であり、特定企業の営利目的のために用いられるべきものではありません。
海外では費用を賄うための手段として、個々の展示室や建物の一部、階段や回廊など部分的に出資者や貢献者の名称を冠するケースはありますが、美術館の総称を売りに出したのは京都市が世界で初めてです。

 

▶もし公立美術館の命名権売却が通用するとなると?
特定の企業名(「愛称」であっても)が含まれることで、美術館が有するコレクションという「市民の財産」が私企業の占有物として恣意的に利用することを自治体が認めることになります。地方自治体の財産管理・運用責任に対して大きな疑義を抱かざるを得ません。また、美術館が行う専門的な調査研究活動も、私企業の営利活動と誤解される可能性は否定できないでしょう。
また、一企業の名前を冠することによって、他の企業からの寄付や協賛を得ることは難しくなり、また市民は寄贈を躊躇することになるでしょう。これは長い視野で見ると、京都の大きな損失になることは間違いありません。
今回の命名権売却は名前だけではなく、特典として宣伝ブースの設置や施設の使用優先権などが京セラに付与されます。このように特定の企業と美術館が深く関わることで、公立美術館としての公共・公平性は疑わしいものとなり、今後50年という長期に渡って京都市は市という公共が運営していた公立美術館を失うことが危惧されます。 
今、京都で起こっていることを人ごとと思わないで下さい。日本の公立美術館が岐路に立たされているのです。公立美術館の命名権売却がいかに美術館の運営、ひいてはわが国の文化活動を歪め、阻害するものであるかを、一刻も早く国ならびに地方自治体に示さなければいけません。
今回の「京都市京セラ美術館」の通称名は、美術館のリニューアルオープン日から使用が開始される旨、募集概要に明記されています。
それまで、このキャンペーン活動を続行します!


どうか私たちの美術館の名前を変えないで下さい!

 

「京都市美術館問題を考える会」WEB署名 

https://goo.gl/L5G5y8

 

at 10:58, 篠原 貴之, 日々雑感

comments(0), trackbacks(0), pookmark

展覧会スケジュール

描き
JUGEMテーマ:展覧会


篠原貴之 展覧会スケジュール

ヴェネチア展看板

現在開催、出品が決まっています展覧会のスケジュールは以下の通りです。
詳細が決まりました展覧会には、リンク先を記載致しますので、そちらをご覧下さい。

 

 

2017/3/22〜28      


阪急うめだ本店 美術画廊  http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/map/index.html/

 

篠原貴之水墨絵画展 ー墨色の光ー  http://suibokuga.jugem.jp/?eid=360

 

新作 約50点出品

 

2017/7/19〜25    


日本橋三越 特選画廊 NIHONGA・京展 

50号 10号   それぞれ1点出品 
7/30(土)午後2時〜ギャラリートーク

 

2017/11/15〜21      


松屋銀座 gallery 

篠原貴之水墨絵画展 

 

新作 約50点出品

 


 

 

以下終了済み展覧会

 

 

2016/11/20      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 大阪 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=355

 

大東市サーティーホールhttp://www.daito-30.jp/hall/halltop.html

描きおろし原画 22点出品

 

2016/10/30      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 名古屋 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=355

 

ラボ教育センター中部総局

描きおろし原画 22点出品

 

2016/9/23〜24      

 

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展 於 東京 http://suibokuga.jugem.jp/?eid=351

 

西新宿 ラボ教育センター本社13階会議室

描きおろし原画 22点出品

 

 

 

 

2016/8/4〜13(9日休館)   

六本木 新国立美術館にて水墨現代作家展 大作1点出品

 


20162016/7/27〜8/2      


日本橋三越 特選画廊 NIHONGA・京展 

50号 10号  団扇絵 それぞれ1点出品 
7/30(土)午後2時〜ギャラリートーク

 

 

2016/6/9〜7/10      

頼山陽史跡資料館(広島市)特別展 「水墨画の現在」展 

掛軸1点出品

 

2016/3/23〜29      


阪急うめだ本店 美術画廊 

篠原貴之水墨絵画展 墨色の光ーイタリア・アイルランドよりー

 

新作 約50点出品

 

 

2016/1/9〜17      

渋谷Bunkamura box ballery ,wall gallery 

篠原貴之水墨絵画展 墨色の光ーイタリア・アイルランドよりー

 

新作 約50点出品

 

2015/10/14〜20      


松屋銀座 gallery 

篠原貴之水墨絵画展 ー水墨の新境地ー

 

新作 約50点出品

 



 

at 13:49, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年3月22日より阪急うめだ本店にて篠原貴之水墨絵画展開催

JUGEMテーマ:展覧会

 

2017年3月22日(水)より28日(火)まで、大阪 阪急うめだ本店美術画廊にて、篠原貴之水墨絵画展を開催致します。

 

毎年恒例の春の展覧会として開催させていただき、今年第20回展となります。

多くの方にご支持頂いたことで、今日まで続けて来られましたこと改めて御礼申し上げます。

 

 

さて、今回はイタリアや日本の風景に加え、新しい花鳥画のシリーズも登場します。

書や抽象画のテイストも加わり、創作色を増した新しい篠原貴之の墨の世界をお楽しみ下さい。

 

また昨年刊行された英語絵本『Hamlet』の原画も一部お目見えします。お見逃しのないように!

 

詳細は以下ご参照下さい。

 

 

篠原貴之水墨絵画展 ー墨色の光ー

 

2017年3月22日(水)〜28日(火)最終日 午後6時終了

 

阪急うめだ本店 7階 美術画廊

 

 

17阪急チラシ表

17阪急チラシ裏

at 12:15, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英語絵本『ハムレット』原画展 大阪で開催

 今回ご案内させていただく展示会は、昨年刊行されたシェークスピアの英語絵本“HAMLET”の原画展です。

東京、名古屋と巡回し今回は大阪展のご案内です。

大阪は大東市のサーティーホールで開かれるラボ教育センターの50周年イベントの一環として開催される展覧会です。

 

水墨とHAMLETという面白い組み合わせで生まれた私の新作22点を是非ご覧頂きたくご案内させていただきました。

 

11月20日(日)一日だけのイベントで、既にご都合おありのことと思いますが、もしお時間ございましたら、足をお運び頂きたいと思います。

 

詳細は以下の原画展案内と出品作の一部紹介をご覧下さい。

 

なお当日は16時から17時まで、篠原貴之とこの絵本の監修をされたシェークスピア研究者 河合祥一郎先生(東大教授)とのギャラリートークが行われます。河合先生は蜷川作品の監修や自ら劇団も率いられるユニークな研究者の方なので、楽しいお話が聞けることと私も楽しみにしています。

取り急ぎご案内まで。

         2016年11月吉日   篠原貴之

 

*会場最寄り駅JR住道はJR学研都市線 京橋より9分、

祝園より45分(近鉄京都線新祝園に乗り換え可)

 

JUGEMテーマ:展覧会

ハムレット原画展大阪

 

 

ハムレット原画展大阪

 

 

ハムレット原画展大阪

 

 

 

 

 

 

at 12:18, 篠原 貴之, 展覧会

comments(0), trackbacks(0), pookmark

明日10月25日(火)から篠原貴之水墨絵画塾展始まります。

JUGEMテーマ:水墨画

 

2016年10月25日(火)〜30日(日)、京都のギャラリー吉象堂にて、私の主宰する画塾の展覧会を催します。

 出品している塾生は、経験、年齢、性別、職業、出身地など様々で、絵を墨で描いてみたいという共通点で、ひとりひとり自分の意志で集まった人たちです。

 この画塾では、絵を通してこそ見えてくる、それぞれの人となりを大切にしながら、墨での表現を楽しんできました。

描く楽しさ、水墨の魅力を観にいらして下さい。展覧会の詳細は以下の案内状をご参照下さい。お待ちしています。

 

 *なお 私に直接ご質問等ある方は、下記篠原の在廊日にお越し頂ければ、お答え出来るかと思います。

 

ギャラリー吉祥堂 西村吉祥堂2F 地図

https://www.google.co.jp/maps/place/〒604-8083+京都府京都市中京区中之町(三条通)+京都府京都市中京区三条通柳馬場東入中之町11+西村吉象堂/@35.0085692,135.7644276,12z/data=!4m2!3m1!1s0x60010891c8ec3455:0x244d1b1709ec9c7c

 

第三回篠原貴之水墨画塾展DM

第三回篠原貴之水墨画塾展DM

at 21:44, 篠原 貴之, 展覧会

comments(0), trackbacks(0), pookmark

足柄山で高大生に水墨画のデモンストレーション&レクチャー

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

先日小田原から車で30分、金太郎でお馴染みの足柄山の 足柄ふれあいの村で水墨画のデモンストレーション&レクチャーを行いました。ラボ・パーティーの神奈川支局の招きで、今回は私が絵を描いたハムレットの脚本を使って活動する高大生合宿に参加する運びとなりました。

 

ラボ足柄ワークショップ


普段は大半がシニアの方を前に話をさせていただくことが多いので、高大生という若い人達に水墨画の話を興味を持ってもらえるか少し不安でした。

 

 

ラボ足柄ワークショップ

ラボ足柄ワークショップ

百聞は一見にしかず、先ずはお手並みを見てもらおうとデモンストレーションを一発。小田原ということも有り、富士山をモチーフに30分ほどで1枚の絵を描いてみました。

手元をカメラで撮ってプロジェクターに映し出し絵が出来て行く様子を見てもらいました。

 

一般的に、絵は先ず形を描いて,1箇所ずつ色を作り塗って行くというイメージが有ると思うのですが、そのプロセスとは全く違う水墨画のプロセスに皆 驚いた様子で、なかなか盛り上がりました。

 

足柄ワークショップ富士作品

約30分のデモンストレーションで即興的に描いた富士 

 

デモンストレーションの後、その技法のもとにある水墨画の考え方について話をしました。

やり直しのきかない水墨画では、計画に沿って物事を進めることより、今 目の前に起こっていることを受け入れ、ハプニングを楽しみ活かす心が大切であること。白い色は何も描いていない紙の色なので、山の雪の白さは空の色が濃く入ることによってはじめて見えてきます。

水墨画は全ての特性がその物自身というより、他との対比、関係で見えてくるということ。

また、言葉の範疇に収まらない、曖昧なものを大切にしていること。など、水墨画から私自身が学び、大切にしていることを聞いてもらいました。それらはいずれも現代社会の中で、私達に欠落してきている考え方です。だからこそ私は水墨画に魅力を感じているのだと思います。 若い人達はどう受け取ったのか分かりませんが、真剣に聞いてくれているようでした。

 

ラボ足柄ワークショップ

 

 

ラボ足柄ワークショップ

後半は学生からの質問に答える形でのフリートーク。

始めは少し緊張気味で、用意をしてきた質問が多いようでしたが、だんだん話が盛り上がると、話の中から新たな疑問や質問が生まれて本当の会話が始まりました。水墨に関すること。海外の留学や生活のこと、ひとつのことをずっとやっていくこと、ハムレットの解釈について、表現することとは等々、白熱してきたところで残念乍ら時間となってしまいました。

 

普段はうさんくさい実演販売の様に、冗談半分にのらりくらりとやっているのですが、今回は学生の真剣なまなざしを前に、いい加減なことは言えないし、説教をしにきた訳でもないので、出来るだけ嘘の無い、正直な話をしようと心掛けました。

感想文

送られてきた感想文

 

後日、参加者の感想文が私のところに届きました。私が発信したことを受け止めてくれて、自分の言葉で様々な感想を綴ってくれていました。中でもデモンストレーションが印象的だったようで、今まで何の興味もなかった水墨画を見る目が変わったという意見がたくさんありました。短い時間だったけれどやっぱり絵を描いて良かったなぁとあらためて思います。

感想文ではたくさん褒めてもらい、こちらが元気をもらいました。神奈川支部の皆さんこちらこそありがとうございました。

 

ラボ足柄ワークショップ

最後にみんなで記念撮影

at 18:49, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展開催(名古屋、大阪)

先日ご案内しました2016年6月にラボ教育センターから刊行されました、英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)の原画展が東京に続き以下の通り名古屋、大阪でも開催されます。

 

2016年10月30日(日)10:00〜15:00

名古屋のラボ教育センター 中部総局 研修室

郵便番号460ー0008

愛知県名古屋市中区栄3−13−20

栄センタービル3F

http://www.mapion.co.jp/phonebook/M11010/23106/22331094103/

 

 

2016年11月20日(日)

大東市サーティホール(〒574–0037 大阪府大東市新町13–30)

JR学研都市線 住道駅下車徒歩6分

http://www.daito-30.jp/hall/halltop.html

 

いずれの展覧会も篠原貴之がこの本のために描き下ろした原画22点が展示されます。

1日だけという短い会期ですが、原画がラボ会員方だけでなく、一般の方にも公開される貴重な機会ですので、ご高覧頂ければ幸いです。 

 

原画展は今後いくつかの都市巡回する予定ですので、また詳細が決まりましたら、ブログにてお知らせ致します。

 

以下の案内にて、原画展の詳細をご参照下さい。

 

 

ハムレット原画展名古屋

at 11:57, 篠原 貴之, 展覧会

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)原画展開催 (東京)

JUGEMテーマ:展覧会

 

2016年6月にラボ教育センターから刊行されました、英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)の原画展が

2016年9月23日(土)24日(日)西新宿のラボ教育センターで開催されます。

 

篠原貴之がこの本のために描き下ろした原画22点が展示されます。

2日間という短い会期ですが、原画がラボ会員方だけでなく、一般の方にも公開される貴重な機会ですので、ご高覧頂ければ幸いです。 

 

原画展は今後いくつかの都市巡回する予定ですので、また詳細が決まりましたら、ブログにてお知らせ致します。

 

以下の案内にて、原画展の詳細をご参照下さい。

(ラボ教育センター本社地図 http://www.mapion.co.jp/m2/35.69502053,139.68910524,16/poi=21331896806

 

ハムレット原画展チラシ

at 10:25, 篠原 貴之, 展覧会

comments(0), trackbacks(0), pookmark

英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)刊行 原画制作後記

JUGEMテーマ:水墨画

 

2016年6月にラボ教育センターから英語絵本『ハムレット』(河合祥一郎監修 篠原貴之画)が刊行されました。

 

ハムレット表紙

表紙

 

ラボ教育センターは「ことばはこどもの未来を創る。」をスローガンに、おもに英語や日本語で劇や音楽、ダンス等の表現活動を通じて、言葉とコミュニケーションを学んでゆく教育組織です。今年創立50周年を迎え、その記念行事のひとつとして英語絵本『HAMLET』が刊行されました。「これまでにないハムレットを生み出したい。」という制作局の想いから、水墨画で西洋の人や風景を描いてきた私に白羽の矢が立ちました。

 

ハムレット原画

扉絵 「剣と十字架の物語り」

 

監修をされた河合祥一郎先生にハムレットの時代背景や、押さえておくべきポイントのレクチャーを受け、戯曲を読込む中で戯曲ハムレットのイメージを私なりに作り上げてゆきました。

 

ハムレット原画

「闇夜」

ハムレット原画

「King,father」

ハムレット原画

「劇中劇」

 

今までにいろいろな日本の小説の装画や挿絵を描かせていただきましたが、西洋の物語ははじめてです。

今まで描いてきた日本の小説には、登場人物の心情を描写するのに、空の様子や草花の姿等、自然の描写が絵の手がかりとなってきたのですが、ハムレットにはいっさいそのような風物の描写は無く、人間の言葉で埋め尽くされています。

ともすると、この言葉によって説明的になり過ぎる絵を、いかに墨を活かした感覚的な印象の絵に仕立てるか、これは今まで経験にない悩みでした。

 

しかしながら考えようによっては、シェイクスピアの様々な解釈が可能な含蓄のある言葉の海を、1枚の絵で規定してしまうのは理不尽で、煙に撒いたような墨の曖昧な表現というのは、以外と相性が良かったのかもしれません。

 

 

 

 

 

ハムレット原画

「To be,or not to be」

 

はたして、私の絵がハムレットの鑑賞に役に立つかどうか分かりませんが、絵が有ることでハムレットを身近に感じて、多くの若者がそれぞれの視点でシェイクスピアに触れる機会となれば幸いです。

 

刊行年2016年の9月から12月まで全国数カ所で、原画展巡回開催予定です。

開催が決まりましたらまたブログ等でご案内致します。

 

 

ハムレット原画

「昔ばなし」

 

 

 

 

at 01:00, 篠原 貴之, 作品集

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Nihonga・京展 現代水墨作家展 ご来場ありがとうございました。

JUGEMテーマ:水墨画

 

先日ご案内しました、東京で開催された二つの展覧会、Nihonga・京展 と現代水墨作家展が会期を終了致しました。

 

暑い中、ご来場下さりありがとうございました。

 

お越し頂けなかった方に、以下せめて画像だけでもご覧下さい。

 

 

 

Nihonga・京展 日本橋三越特選画廊 出品作品

 

16Nihonga・京展

 

富士幻想曲 50号

 

 

16Nihonga・京展

 

ラプソディー  10号

 

 

 

 

 

現代水墨作家展 六本木 新国立美術館 出品作品

 

 

「折り鶴」—願えど、願い— 100号

 

国破れて山河在り、愚かな人間の営みに対し、自然は変わらずそこにあるものと思われてきたが、もはや危うい。

 

山河は天秤にかけられるものではない。山河を奪う選択の恐怖を、目に見える形にし、山河を愛する絵描きも、なにか声を上げたかった。幾千万の折り鶴に託されてきた小さなあたりまえの願いが叶うことを信じたい。

 

鮮烈なキノコ雲の白さとぶちまけた墨の黒、大画面を活かした上下の遠近感等で、叫びのような絵を目指した。重い主題だが、画面

上部の淡い墨遣いで、最終的にはメッセ—ジを希望のあるものとして昇華させた。

 

 

 

この展覧会の会期は、原爆の日8月6日と重なっていました。新聞各紙の1面はオリンピック一色。福島の原発事故、オバマ大統領の広島訪問があっても、原爆の恐ろしい事実を忘れようとしているのは日本人自身かのようにおもわれました。

核のない世界を、諦めてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 09:20, 篠原 貴之, 水墨画

comments(0), trackbacks(0), pookmark