西京医師会 新春文化公演会 篠原貴之『即興の魅力―水墨画の制作現場公開―』後記 

新年JUGEMテーマ:水墨画

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

 

2018年1月21日(日) リーガロイヤルホテル京都 春秋の間 にて水墨画の講演会をを行いました。

 

 

 

 

 

この講演会は 京都市西京区、西京医師会が毎年開催されている新春祝賀会、懇親会とともに開催されている文化講演会です。

今年は縁あって、私が水墨画についての講演会を行うこととなりました。

 

タイトルは『即興の魅力—水墨画の制作現場公開—』講演とともに机の上にカメラを設置し描いていている様子をプロジェクターに映し出してみ見ていただきながらの実演も行いました。新春ということもあり,富士山をモチーフに1枚の絵を30分程で仕上げるという特別企画です。

 

 

冒頭は自己紹介と水墨画に惹かれた訳等等を語る

 

 

いよいよ実演

 

 

真っ白な紙にいきなり大筆で墨を置く

 

 

墨の跡からこれからの展開を考える

 

 

富士が入りだす

 

 

空の色を流す

 

 

出来上がり  ちょっと急いで30分也

 

 

新年おめでとうございます。

 

 

斜に構えて見ていた人達も興味津々 やりました!

 

 

今までいろいろな人に、いろいろな場所でレクチャーやワークショップを開いてきましたが、そうそうたるお医者様、院長様ばかりのまえで行う機会があるとは思いも寄りませんでした。はじめは水墨に興味を持っていただけるか、いささか心配していましたが、絵が出来上がってゆく様子を見ているうちに、皆さんその意外な展開に引き込まれ、墨と水が富士山になってゆく様子を楽しんでいただけました。

 

またあわせて、会場に16点の作品を並べ小さな展覧会も併設しました。制作プロセスを見ていただいた後、作品を見ると

また違った目で作品を鑑賞していただき、ぐっと水墨画を身近に感じていただけた様に思えます。

 

百聞は一見にしかず、興味を持っていただく第一歩はやっぱり見ていただくことかなと改めて感じました。

技を磨いて、また何処かで見ていただく機会を作ってゆきたいと思います。

at 12:28, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

足柄山で高大生に水墨画のデモンストレーション&レクチャー

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

先日小田原から車で30分、金太郎でお馴染みの足柄山の 足柄ふれあいの村で水墨画のデモンストレーション&レクチャーを行いました。ラボ・パーティーの神奈川支局の招きで、今回は私が絵を描いたハムレットの脚本を使って活動する高大生合宿に参加する運びとなりました。

 

ラボ足柄ワークショップ


普段は大半がシニアの方を前に話をさせていただくことが多いので、高大生という若い人達に水墨画の話を興味を持ってもらえるか少し不安でした。

 

 

ラボ足柄ワークショップ

ラボ足柄ワークショップ

百聞は一見にしかず、先ずはお手並みを見てもらおうとデモンストレーションを一発。小田原ということも有り、富士山をモチーフに30分ほどで1枚の絵を描いてみました。

手元をカメラで撮ってプロジェクターに映し出し絵が出来て行く様子を見てもらいました。

 

一般的に、絵は先ず形を描いて,1箇所ずつ色を作り塗って行くというイメージが有ると思うのですが、そのプロセスとは全く違う水墨画のプロセスに皆 驚いた様子で、なかなか盛り上がりました。

 

足柄ワークショップ富士作品

約30分のデモンストレーションで即興的に描いた富士 

 

デモンストレーションの後、その技法のもとにある水墨画の考え方について話をしました。

やり直しのきかない水墨画では、計画に沿って物事を進めることより、今 目の前に起こっていることを受け入れ、ハプニングを楽しみ活かす心が大切であること。白い色は何も描いていない紙の色なので、山の雪の白さは空の色が濃く入ることによってはじめて見えてきます。

水墨画は全ての特性がその物自身というより、他との対比、関係で見えてくるということ。

また、言葉の範疇に収まらない、曖昧なものを大切にしていること。など、水墨画から私自身が学び、大切にしていることを聞いてもらいました。それらはいずれも現代社会の中で、私達に欠落してきている考え方です。だからこそ私は水墨画に魅力を感じているのだと思います。 若い人達はどう受け取ったのか分かりませんが、真剣に聞いてくれているようでした。

 

ラボ足柄ワークショップ

 

 

ラボ足柄ワークショップ

後半は学生からの質問に答える形でのフリートーク。

始めは少し緊張気味で、用意をしてきた質問が多いようでしたが、だんだん話が盛り上がると、話の中から新たな疑問や質問が生まれて本当の会話が始まりました。水墨に関すること。海外の留学や生活のこと、ひとつのことをずっとやっていくこと、ハムレットの解釈について、表現することとは等々、白熱してきたところで残念乍ら時間となってしまいました。

 

普段はうさんくさい実演販売の様に、冗談半分にのらりくらりとやっているのですが、今回は学生の真剣なまなざしを前に、いい加減なことは言えないし、説教をしにきた訳でもないので、出来るだけ嘘の無い、正直な話をしようと心掛けました。

感想文

送られてきた感想文

 

後日、参加者の感想文が私のところに届きました。私が発信したことを受け止めてくれて、自分の言葉で様々な感想を綴ってくれていました。中でもデモンストレーションが印象的だったようで、今まで何の興味もなかった水墨画を見る目が変わったという意見がたくさんありました。短い時間だったけれどやっぱり絵を描いて良かったなぁとあらためて思います。

感想文ではたくさん褒めてもらい、こちらが元気をもらいました。神奈川支部の皆さんこちらこそありがとうございました。

 

ラボ足柄ワークショップ

最後にみんなで記念撮影

at 18:49, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2010ヨーロッパの旅19ーMatriz版画協会 ワークショップー



ポルトではポルト大学のイベント以外に、Matrizという版画協会主催の水墨画のワークショップに、講師として招かれました。

参加者は協会の会員の作家や美術愛好家や美術の先生、国籍もお隣のスペインから車で来る人たちや、また日本大使館の情報誌に告知が合ったとのことで、ポルトガル在住の日本人もいらして経験、国籍様々なひとたちと2日間の講習会を楽しみました。



Matriz ワークショップ
言葉よりゼスチャー


Matriz ワークショップ
15人としていた定員を超える応募があり、せっかくだからとみんなに入ってもらったため超満員。



Matriz ワークショップ



Matriz ワークショップ
筆の毛先を感じる練習。 円を大きな腕の動きで描く。円の途中でよれて来た毛が、筆を押さえず毛先で描けば最後に、元に戻ってくるのが分かると歓声が。



Matriz ワークショップ
ヨーロッパの人にも馴染みの有るモチーフ、ブドウを描く。



Matriz ワークショップ
講習会の終わりに、修了証を授与。


Matriz ワークショップ
英語の堪能な、素敵なおばさま画家 和筆の扱いの難しさに思わず苦笑 そう簡単に描かれてたまるか!


Matriz ワークショップ
Matriz版画協会主催の画家ジュリアさんも受講され、その後もポルト滞在中いろいろお世話になりました。












at 18:12, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2010年ヨーロッパ旅行18ーポルト美術大学へー




フランスを後にし、ポルトガルへ。

今年は日本、ポルトガル修好150周年にあたり、日本文化を紹介する記念行事が、ポルトガル各地で行なわれています。
私もその行事のひとつとして、ポルト美術大学のギャラリーでの個展とワークショップを開きました。


ポルトガル ポルト美術大学


ポルトガル ポルト美術大学


ポルトガル ポルト美術大学


ポルトガル ポルト美術大学



ポルトガル ポルト美術大学


ポルトガル ポルト美術大学


ポルトガル ポルト美術大学









at 00:05, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2010年夏ヨーロッパの旅 9 ―ワークショップパート2―




ヨーロッパでは、バカンスの間に、各地でいろいろなセミナーが開かれます。
日常生活から離れ、数日間参加者が同じ場所に寝泊まりし、朝から晩まで好きなことに没頭する、さながら合宿という感じのセミナーです。
ホテル並みの部屋が有るところや、コテージを借りたりキャンプしながらというところもあります。

今回のart-zen 主催の水墨画セミナーは、3日間St.Ropez からすこし山に入ったところに有るTrimulti というセミナーハウスで行ないました。
ここは自然に囲まれた広い敷地の中にバス、トイレ付きのコテージからキャンプ場まであり、会場も体育館のようなスペースから、屋根の着いたオープンエアーのスペース、気分転換にプールまであります。
ここでは、我々の水墨画講座以外にも、ヨガやアートテラピー、ダンス等様々な催しが行なわれています。

trimurti


trimurti


trimurti


trimurti


trimurti


trimurti




水墨講座の会場は体育館のようにひろいスペースで、まず壁に軸を掛け雰囲気作りました。受講生が集まると総勢17人、ベルギーからやって来た夫婦も居て、ほとんどのひとが、既に何度も受講しているようで和気あいあいと再会を喜んでいるようです。
授業は朝9時から12時半、午後は3時から7時過ぎ、夕食後も希望者(大半のひと)がいて8時半頃から10時過ぎまで、まさしく水墨三昧の三日間です。

授業は筆と墨の基本的な使い方と、その使い方に基づいた絵の成り立ちを解説する講義。竹やブドウ等伝統的な絵の模写。外に出てブドウ畑のブドウやパイナップルのスケッチとそれを墨の表現に換える創作。プロジェクターを使って日本の水墨画を紹介する鑑賞。と私が実際に一枚の絵を描く実演。
一日の授業時間が長いのでいろいろ気分を変えながら授業を進めました。


trimulti ワークショップ


trimulti ワークショップ

trimulti ワークショップ


trimulti ワークショップ


trimulti ワークショップ

今回の受講生は墨絵の経験があるひとばかりで、程度の差はあれ、竹等伝統的なモチーフはなかなか上手に描きます。ただ根本的な筆使いや墨使いについての理解が乏しく、そこを何とか分かってもらいたいというのがこの授業の最終的な目的となりました。
皆本当に熱心で、こちらも心情的に出来るだけのことをしてあげたいと思える受講生たちで、食事もいつも一緒に摂るので、3日目にはもう気心も知れ最後は、別れを本当に惜しみました。

この合宿のようなセミナーはとてもいいシステムで、日本でもこんなことが出来ないかと思っています。きれいな風景と美味しいものがある場所に集まり、寝食を共にして水墨三昧。楽しいと思うんですが。いかがでしょう。




at 18:52, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2010年夏ヨーロッパの旅 3 -外国で初めての水墨画講座ー



合気道の講習会のオプションで水墨画の講習会も一日開くことになりました。希望者に午前、午後それぞれ3時間の計6時間、入門編の講座行ないました。



水墨講座 フランス


 説明ははイタリア語でおこない、彼らは聞く分には大体分かるようで分からないところや質問は、イタリア語の分かるフランス人が訳してくれるということでコミュニケーションをはかりました。



水墨講座 フランス



筆や墨の使い方を説明した後、結局簡単な鳥と蟹の絵を描かせることとなりました。体験的な講座を、初めはまじめに考えすぎ、根本的なことから教えようとしたので退屈してしまいました。途中から、こうしてこうするとほら竹になったとか、エビが出来たとかそう言う手品のようなおもしろさを見せると乗って来て、何とか6時間を楽しく乗りきりました。

水墨講座 フランス



 墨を原液のまま真っ黒に描こうとするひと、塗りつぶすように描くひと、水で画面の墨を薄くのばそうと画仙紙が破れてしまうひと、全く水墨画という概念のないものに、何故という問いに答えを与えながら進もうとすると、どこから手を付けていいのだか、途方もないことになってしまいます。

外国人に教えるのは全く初めてだったので、本番のワークショップ前のいい練習になりました。



水墨講座 フランス



 それにしても6時間、熱心に取り組むフランス人のまじめさには驚きました。合気道をしているひとたちなので、みんな正座で僕の話を聞いてくれます。日本より日本的な青い目のひとたちに囲まれた、シュールな夢を見たような一日でした。

at 18:54, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark