<< 2010年ヨーロッパ旅行18ーポルト美術大学へー | main | 2010年ヨーロッパの旅20ーポルトガルでひとを描くー >>

2010ヨーロッパの旅19ーMatriz版画協会 ワークショップー



ポルトではポルト大学のイベント以外に、Matrizという版画協会主催の水墨画のワークショップに、講師として招かれました。

参加者は協会の会員の作家や美術愛好家や美術の先生、国籍もお隣のスペインから車で来る人たちや、また日本大使館の情報誌に告知が合ったとのことで、ポルトガル在住の日本人もいらして経験、国籍様々なひとたちと2日間の講習会を楽しみました。



Matriz ワークショップ
言葉よりゼスチャー


Matriz ワークショップ
15人としていた定員を超える応募があり、せっかくだからとみんなに入ってもらったため超満員。



Matriz ワークショップ



Matriz ワークショップ
筆の毛先を感じる練習。 円を大きな腕の動きで描く。円の途中でよれて来た毛が、筆を押さえず毛先で描けば最後に、元に戻ってくるのが分かると歓声が。



Matriz ワークショップ
ヨーロッパの人にも馴染みの有るモチーフ、ブドウを描く。



Matriz ワークショップ
講習会の終わりに、修了証を授与。


Matriz ワークショップ
英語の堪能な、素敵なおばさま画家 和筆の扱いの難しさに思わず苦笑 そう簡単に描かれてたまるか!


Matriz ワークショップ
Matriz版画協会主催の画家ジュリアさんも受講され、その後もポルト滞在中いろいろお世話になりました。












at 18:12, 篠原 貴之, レクチャー・ワークショップ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/185