<< 今週末11月15日(土),16日(日)オープンアトリエ開催 | main | ギャラリートーク イン 2014松屋銀座展 その8 >>

ギャラリートーク イン 2014松屋銀座展 その7

JUGEMテーマ:水墨画


2014年10月15日(水)〜21日(火) 松屋銀座 7階 遊びのギャラリーにて開催致しました 篠原貴之 水墨絵画展で、来場者の方と作品についてお話した内容の幾つかを、ギャラリートークと題し、ブログでも紹介してゆきます。

今回は窓を描いた「ボン・ジョルノ」について。


「ボン・ジョルノ」(ヴェネチア)

今までに、窓を描いた作品をいくつか描いてきました。窓は、そこに暮らす人の物語についての想像をかき立てます。

いつも迷うのは,そこに住む人を登場させるか否か。本当に現れた人,または私の想像(妄想?)のなかに現れた人。

この絵を描いている時には、実際に誰も現れませんでしたが、私の中では、まだ着替える前の女性が、眩しい朝暘に目を細めながら鎧戸を開けていました。

少し考えましたが、あまりに艶かしく、この絵では皆さんの想像にお任せすることにしました。ボン・ジョルノ,ベッラ!(おはよう、美しき人よ)

 

at 09:15, 篠原 貴之, 作品紹介

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/285