<< 2017年 Nihonga・京展 のお知らせ | main | 篠原貴之の水墨表現 作品紹介1 Sumi-e(japanese ink painting) works of Takayuki SHINOHARA 1 >>

篠原貴之水墨画塾 特別講座 9月20日より東京で開催決定

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ

 

東京での画塾を下記の通り開催致します。

展覧会や動画等でご覧頂いています篠原貴之の水墨表現を実際に筆を執って四時間にわたり実演、解説する全5回の講座です。

定員10名で日貿出版社の会義室で開催するアットホームな画塾です。初心者の方も大歓迎ですので、是非水墨表現の面白さを体験して下さい。

今回からは、申し込み受付は、日貿出版社ではなく篠原貴之アトリエ(メール tkykshinohara@gmail.com)までお願い致します。

 

 

 

利尻 稚内2

 

 

篠原貴之画 北の大地ー利尻富士を望むー (稚内)

 

こういう水墨表現の講座です。洋紙に描きますので水彩画等をされている方にも馴染みやすい講座です。

 

 

篠原貴之水墨画塾・特別講座》のご案内

 

篠原貴之による水墨画塾・特別講座を開催致します。

今回は1年間で5回の開催を予定しています。

「水墨表現の絵づくり」について、毎回テーマを変え5つの観点から考えてゆきたいと思います。

各回テーマを掘り下げますが、毎回1枚の絵を描きますから、一応全てのテーマについて言及することになりますので、1回のみの参加も可能です。

以下、詳細を記しました。ご参加お待ちしています。

 

《日  程》

第1回 テーマ 『余白と省略—最小の表現を求めて—』

2017年9月20日(水)13:30〜17:30

 

第2回 テーマ 『奥行の遠近法と印象の遠近法』

2017年11月22日(水)13:30〜17:30

 

第3回 テーマ 『虚と実—筆致の活かし方—』

2018年1月31日(水)13:30〜17:30

 

第4回 テーマ 『グラデーション—自然の法則—』

2018年4月25日(水)13:30〜17:30

 

第5回 テーマ 『偶然に勝るものなし—ハプニングを楽しむ—』

2018年6月27日(水)13:30〜17:30

 

《講習内容》

1)毎回のテーマについて解説、作例鑑賞。

2)作品への応用。(篠原作品例をデモンストレーションし、参加者

もそれをもとに描く。)

3)講評。(参加者が描いた絵を講評)

4)参加者の質問に答えるフリートーク。(講評希望される方は、作品をお持ち下さい。時間が許す範囲で講評致します。)

 

《募集定員》10名

 

 

《持ち物等》

筆、雑巾、下敷、描いた絵(B3サイズ)を持ち帰るための筒、またはカバン。(絵皿、筆洗、墨汁は会場でご用意致します。) 紙は指定のものを使い、会場で販売します。筆は必要な方は事前に予約頂き会場で販売します。

 

《会 場》

鷏日貿出版社3階会議室

    〒113-0033  東京都文京区本郷5-2-2

   (都営大江戸線「本郷三丁目」3番出口より徒歩4分、

    東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」2番出口より徒歩5分)

    TEL : (03)5805-3303(代表)  FAX : (03)5805-3307申込先ではありません。)

    アクセス http://www.nichibou.co.jp/access.html​ 

 

《受 料》

各回 10,000円(税込)、5回事前予約 45,000円(税込)。

 

《お申し込み》 

5回の内の希望講座、お名前、郵便番号、ご住所,電話番号を記入の上

tkykshinohara@gmail.com  篠原までメールでお申し込み下さい。

郵送の方は以下の住所までお申し込み下さい。

 

篠原貴之アトリエ 616-8486 京都市右京区嵯峨越畑南ノ町32−4

 

折り返し空席の有無、手続き等ご連絡致します。

 

追、 今回の特別講習会の講義内容をまとめた新しい水墨表現のテキストを出版予定しています。授業の様子や参加者の意見も参考にさせていただきたいと思いますので、全5回予約頂いた方には出版された際に、サイン本贈呈致します。ご協力お願いします。

 

 

at 07:44, 篠原 貴之, 画塾 東京教室

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/367