<< 篠原貴之の水墨表現 作品紹介27 Sumi-e(japanese ink painting) works of Takayuki SHINOHARA 27 | main | 2017年11月15日から 松屋銀座にて 篠原貴之水墨絵画展 開催 >>

エッセイ 「野田知佑ののんびり行こうぜ」 になぜか我が家が。

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

アウトドア雑誌 BE・PAL10月号(No.448) に連載中のエッセイ 「野田知佑ののんびり行こうぜ」 に我が家のことが少し登場しています。カヌーイストの野田知佑さんが四国から最上川へ行く途中に我が家に寄ってくださり、その時のエピソードがエッセイのなかで触れられています。

 

BE PAL

BE・PAL10月号(No.448)

 

 もともと私達が野田さんの考え方に共鳴し、野田さんが校長を務める徳島の川の学校に子どもたちを通わせた縁で、私達まで野田さんとおつきあいをさせてもらっています。

 

 

 学校、地域、家庭と子どもたちを取り巻く環境がますます画一化する中で、そうじゃなくてもいいという世界があることを子どもたちに体験させたくて、徳島にある川の学校に子どもを通わせたのです。川原にテントを張り、2泊3日何の時間の制約もなく好きに遊ぶ。そのキャンプを1年に5、6度行ったでしょうか。

それからもう7.8年経ちますが、そのときの体験はその後のかれらに大きな影響を与え、その時の講師陣や友人との関係は今でも続いているようです。

 

全ての縛りを外して、本当に子どもたち自身の中からわき上がる好奇心や欲望を見守る大人、出来れば親だけでなく他人が、今子どもたちに必要だと思います。それが幸運なことに、私達にとっては野田さんでした。

 

本屋さんに行かれることが有りましたら、BE・PAL 2017年10月号 手に取ってみて下さい。

 

カヌーイスト 野田知佑 著作

 

日々雑感 その他の記事

 

篠原貴之公式ホームページ 

 

その他の記事は、categoreis(携帯版では上方、PC版では右手の欄)の中から興味のあるテーマを選んでご覧下さい。

 

at 12:07, 篠原 貴之, 日々雑感

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/403