<< 2017年11月24日から カフェギャラリー御中にて「暮らしを愉しむ器ー篠原ともみの陶ー」展 開催 | main | 読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵1 >>

読売新聞 関西経済面 連載『広論』の挿絵の掲載が始まりました。

JUGEMテーマ:水墨画

 2017年12月22日より読売新聞の挿絵が始まりました。

 

広論タイトル

 

掲載は、2017年12月2日より毎週土曜日 関西経済面に連載中の『広論』という関西の経済人、学識者、行政関係者の寄稿文のなかの挿絵です。この寄稿文は関西経済圏の歴史と現状を解き明かし,これからの進むべき道を考えるという企画です。

 

高い志を持った方々の言葉にふさわしい、凛とした挿絵が添えられればと思っています。

 

この挿絵は3人の作家により持ち回りで担当しますので、私の絵は月に1〜2度の掲載となります。

機会がございましたら、ご覧頂ければ幸いです。

掲載後、このブログにて随時紹介してゆきたいと思います。

 

読売新聞『広論』等 篠原貴之の挿絵の紹介

 

at 09:04, 篠原 貴之, 挿絵

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/412