<< 読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵10 | main | 大阪梅田サクラアートサロン にて特別講習会『篠原貴之の創作方法』開催 >>

日本橋三越 Nihonga・京展 開催中

JUGEMテーマ:展覧会

 

さて夏恒例となりました、日本橋三越でのNIHONGA・京 展が今年も開催されています。

今回は50号、10号、に加え小品(4号)も出品しています。

3点とも麻紙を使用し、いつもとは少し違った表現をご覧下いただきたいと思います。

 

 

50号

 

 

10号

 

 

4号

 

 

私が在廊出来る日は28日(土)14:00〜ギャラリートーク、29日(日)だけなのですが、お会い出来れば嬉しいです。

会場でお待ちしています。

 

なお5年間の展覧会企画として始まりました本展は、今回10回展を迎え、最後の回となりました。

毎年お越し頂いた方もたくさんいらっしゃり、今までのご愛好本当にありがとうございました。

これからは、日本画のメンバーと一緒に展示することで得られた10年間の経験を、個展や他の展覧会に行かしてゆきたいと

思っていますので、今後ともご指導の程よろしくお願い致します

 

2018年7月吉日 篠原貴之

 

 

N I H O N G A・京 展

2018年7月25日(水)~30日(月)最終日は5時閉場

日本橋三越本展 本館6階 美術特選画廊

 

本展は日本橋三越企画の、京都を中心に制作する日本画の若手、中堅作家16名のグループ展です。

各作家50号と10号、小品の3点作品を出品しています

どの作家もモチーフとなる対象を見つめスケッチすることから始まる作品で、オーソドックスな絵画ともいえますが、逆に昨今では珍しい展覧会ともいえます。

28日(土)には午後2時から作家自身による作品解説;ギャラリートークが催され、私も参加します。

 

篠原 在廊日

 

7月28日(土)13:00~18:30(14:00~ ギャラリートーク)

29日(日)11:00~17:00

 

at 07:37, 篠原 貴之, 展覧会スケジュール

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/435