<< 読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵14 | main | 2018年11月28日から松屋銀座店にて 篠原貴之水墨絵画展開催 >>

読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵15

JUGEMテーマ:水墨画

 

2017年12月2日より毎週土曜日読売新聞 関西経済面に連載中の『広論』という関西の経済人、学識者、行政関係者の寄稿文のなかの挿絵を担当することになりました。

 

この寄稿文は関西経済圏の歴史と現状を解き明かし,これからの進むべき道を考えるという企画です。 

高い志を持った方々の言葉にふさわしい、凛とした挿絵が添えられればと思っています。

掲載後、ブログでも順次、絵を紹介してゆきます。

誌面の片隅の小さな挿絵ですが、水墨画の先入観を解き放ち、墨の面白さを伝える絵を発信してゆければと思っています。

 

※この挿絵は3人の作家により持ち回りで担当しますので、私の絵は月に1〜2度の掲載となります。

 


私の担当する第15回目の挿絵は 「ラガーマン」です。

 

 

広論ラグビー

「道頓堀」(大阪市中央区) 絵・篠原貴之

    (2018年11月3日 読売新聞朝刊 関西経済版 「広論」から)

 

 

今回は 関西ラグビー協会会長 坂田 好弘氏の「W杯「日本」を発信しよう」という寄稿文への挿絵です。

 

ラグビーの 試合中の選手の勇姿がお題です。

 

ラグビーというのは頑張っていることを視覚化したようなスポーツで、見ている人は、頑張っている自分と重ね合わせ感動するんでしょうね。 

最近のラグビー日本代表は国際色豊かで、多様性がチームとしての強さを生み出しています。

多様性はまさに今の社会の現状で、ラグビーの様なチームワークが社会にも求められています。

W杯での日本選手の活躍は、従来の日本というイメージを変え、多様性を持った新しい日本というイメージを生み出してくれるのではないかと期待しています。

 

 

 

 

 

 

広論記事

2018年11月3日 読売新聞朝刊 関西経済版 「広論」

 

 

 

 

 

 

読売新聞『広論』の挿絵等 篠原貴之の挿絵の紹介

 

 


 

 

篠原貴之の絵にご興味が有りましたら、是非原画を観に展覧会に足を運んで下さい。

水墨表現の技法に興味のある方は 篠原貴之の創作プロセスや技法の動画や教室もあります。

それぞれ、以下リンク先をご参照下さい。

 

 

展覧会情報 

Exhibition schedule  

 

作品紹介(以前の展覧会での作品)

works

 

創作プロセスと技法動画 

youtube of painting tecnicque and process 

 

作品集

books

 

教室 講習会 情報

東京 

京都  

奈良

特別講習会

ショッピングサイト(版画作品 筆

 

篠原貴之公式ホームページ 

shinohara takayuki official hompage

 

その他の記事は、categoreis(携帯版では上方、PC版では右手の欄)の中から興味のあるテーマを選んでご覧下さい。

 

at 10:53, 篠原 貴之, 挿絵

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/442