<< 富士春景(忍野、山梨) | main | 「にほんの里100選」越畑・樒原 歳時記 >>

水墨画に役立つ楽しいデッサン入門 1-1

水墨画に役立つ楽しいデッサン入門

1. 視点-1

 絵が好きな人でも”デッサンは苦手で・・・”と言われるのをよく耳にします。デッサンは面倒なお勉強と思われているようですが、私がお薦めしたいのは、楽しいデッサンです。

幾何学的にも正確な形を写してゆくデッサンは、絵が好きなものにとって確かに面倒であまり楽しくないものです。でも考えてみると、いくら正確に形を描けても自分の感じものや、考えたことを表せわけではありません。美しい風景に思わずカメラのシャッターを切っても、現像された写真の中にはそのときの感動がこれっぽっちも表れていない。そんな経験を多くの方がお持ちのことでしょう。(2へ続く)

初出:「季刊・水墨画109 水辺を描く」日貿出版社刊


JUGEMテーマ:デッサン

at 20:47, 篠原 貴之, 水墨画デッサン入門

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://suibokuga.jugem.jp/trackback/52